コンテンツへスキップ

毎月、一度、自治体の不燃ごみの収集があります。この時、難しいのが、ごみの種類分けです。たとえば、埋め立てごみというものもあるのですが、靴とか、カバンなど、埋め立てごみにするのかどうか、迷うものもあるそうです。その際には、係の人の指示に従うようにしています。
また、びんなどについても、明らかにびんと分類されるものはいいです。しかし、化粧品のボトルなどは、構造が単純ではありません。そんなことから、化粧品のボトルなどは、どの種類になるのか、迷ってしまうことが多いです。
また、空き缶のふたなどについても、一見、アルミのように見えても、実はスチールだったりします。従って、空き缶類については、一つひとつ、磁石を使って確かめています。
ごみの収集をする人も大変だと思います。しかし、ごみを出す立場では、ごみを分類することも大変です。自治体で、ごみの分類についての表を配ってくれますが、実際には、それを見ても迷ってしまうことがあるのです。

PR|遺品整理と粗大ごみ整理