コンテンツへスキップ

遺品は遺影以外全て処分しました。

祖父が亡くなり、遺品整理が始まりました。
よくきていた服や気に入ったものなどは一緒にしたので、家に残っているものは本当に普段使っていたものばかりです。
下着や靴下、洋服、座布団、身の回りの細々としたもの・・・どういう風に整理して行こうかと悩んでいたところ、祖母が率先して祖父のものを部屋に集め始め、全て処分するからね、と言い出しました。
家族は少なからず驚いたのですが、確かに、これら全てを保管しておくほどのスペースは家にありませんし、かといって誰かが再び使うのかと言われると、なかなかそういう気持ちにもなれません。
少しの間家に置いておいて、時が経てば自然に処分できるようになるのかな、とぼんやり考えていた家族は、祖母の決断に「あとでも今でも、結局処分するならいつ処分しても一緒だ」ということに気づかされ、それぞれが家中から祖父のものを集め始めました。
家の中から祖父のものはすっかりなくなりましたが、それだからか、毎日遺影に挨拶するようになっています。
いい思い出だけが家の中に散らばっています。

PR|遺品整理のトラブルは業者に相談