コンテンツへスキップ

粗大ゴミを出す前にリサイクルショップへ!

私は、今までに6回お引越しをしたことがあるのですが、お引越しは不要品を処分するのにとてもいい機会でもありました。

その時々で部屋の間取りや広さが違ったので、これを持っていくのもなぁ・・というように古くなった物や、買い替えを考えていた物は、思い切って処分することができました。

ソファーや食器棚が傷んだ時は、粗大ゴミとして出しました。当初住んでいた所の自治体では、粗大ゴミに貼るシールが300円でしたが、その後に住んだ街では、たいてい500円〜600円でした。

トラックやワゴンなどの大きな車があれば、自分で処分場まで搬入して、安い費用で処理できるのですが、私の車は小さかったので、シール買うのもったいないなぁ・・と思いながら粗大ゴミを出していました。

もちろん、リサイクルできる物は、リサイクルショップに来ていただいて処分していました。無料で処分できるうえに、たとえ何百円でも貰えるんですから、有り難かったです。

今までに、子どもの自転車、物干し台と竿、キャンプ用品、テーブルセット、その他たくさんの物をリサイクルショップを利用して処分しました。

一度に粗大ゴミを何点も出すと、それだけで何千円もかかってしまうので、リサイクルショップの出張買取りというのはとても便利ですね。