コンテンツへスキップ

急死した父の遺品整理

数年前に父が急死しました。

離婚して数年一人暮らししていたアパートの部屋を片付けることになりました。母や兄弟が遠方に住んでいた為私だけで遺品整理をやることになりました。

一番処理が大変だったのが布団でした。当時父の葬儀にまつわるお金がかかっていた為粗大ごみ代を節約することにしました。ハサミとカッターで切り刻みゴミ袋に入れて燃えるゴミの収集に出しました。

次に大変だったのが茶碗類でした。ゴミ置き場まで大量の茶碗類を持っていくため何回も往復しなければいけませんでした。

悩んでしまったのが古い写真です。父の思い出の詰まった家族写真などを燃えるゴミに出すのは心が痛みました。

案外簡単だったのがソファー、椅子、テーブル、洗濯機など大物家具、家電でした。リサイクル業者に頼んで持っていってもらいました。

全部まとめて5000円ほどで、たいした収入にはなりませんでした。しかし自分で粗大ゴミの処分をすることを考えると持っていってもらえるだけでありがたかったです。